高反発マットレスの知識

高反発マットレスの効果はすごい?(肩こり編)

しっかり寝たはずなのに、朝、目が覚めた時に体のあちこちが痛い。なんていう経験をしたことがありませんか? その痛みの原因は、就寝時に利用しているマットレスが大きな原因なのかもしれませんよ。 


マットレスは、自分の体に合ったものであれば、とても良い睡眠=快眠を得ることが出来るもの。ですが、少しでもフィットしない、体にしっくりこないなど、自身に合わないもので睡眠していると、肩や首のこり(痛み)を引き起こす原因となり、その後の体調や気分を大きく変えてしまう事があるようです。


たかがマットレス。 されどマットレス。 寝れるのであれば、環境(マットレス)なんて関係ない!なんてお思いの方。 その考えは、甘い!大甘ですよ!! マットレスと肩こりの関係を理解し、自分に合ったマットレスを選びなおしてはいかがでしょうか。


肩こりの原因は?


そもそも肩こりの原因は、人それぞれ様々な要因で起こるようですが、そのなかでも多くみられるのが「眼精疲労、運動不足、ストレス、同じ姿勢でいること」などが引き金となり首や肩の筋肉が疲労、血行不良を起こすことが原因だとされています。

頭の重さ知ってますか?
ふだんの生活で、みなさん意識したことはないとは思いますが、人の頭の重さはどれくらいか知っていますか? 頭の重さ・・・といっても、人はロボットではないですから頭だけ切り離して自分の頭の重さを量るなんてことは出来るはずもなく・・・ いったいどれくらいの重さなの?? と、知りたくなった所で、、、


Answer:人の頭の重さは体重によって異なり、およそ体重の約8%が頭の重さだとされています。


ということは・・・私の体重が〇〇kgだから、頭の重さは・・・と、今、自分の頭の重さの計算をした方も多いと思いますが、体重が60kgの人なら頭の重さは約5kg。 5kgといえば、スーパーなどで販売されている米袋と同じですね。 あたまって、そんなに重いの?? と、ちょっとびっくりした所で、話を肩こりと高反発マットレスの関係について戻しますと・・・


首・肩の筋肉は疲労しています


首や肩の筋肉は、日中(昼間)の活動時は、頭を支えるべく頑張っています。 もし、5kgの米袋を離さず常に手(腕)に持っていなければならないといった変わった状況に陥ったら、落とすこと無く手(腕)で持っていることは出来ると思いますか? おそらく、もし、持ち続けることができたとしても、米袋を下ろした後の腕のどうでしょう。 筋肉はパンパンに張り、緊張・固く固まった状態が暫くの間続くのではないでしょうか。


実は、これは首や肩の筋肉も一緒。 首や肩の筋肉は、人が横になる(眠る)まで頭を絶えず支えており、それが生まれた時からアタリマエのことになっているから自分では気づかないだけで、毎日首や肩の筋肉は日中は緊張した状態が続いており、筋肉疲労が溜まり続けています。


そして、本来なら唯一、首や肩の筋肉が一時的な休息を取ることができる時間=睡眠時に、もし、何らかの理由で、リラックスした姿勢で横になっている間も筋肉に緊張や疲労が溜まっていたらどうでしょう。 首や肩の筋肉は休める場所(時間)が全く無い事になりませんか? 首や肩・その周辺の筋肉は常に緊張した状態が続き、これが肩こりを発症・悪化させてしまう大きな要因に繋がってしまうのです。


高反発マットレスでの適度な寝返りは肩こりに効果あり


そんな首や肩、その周辺の筋肉を、休めるときに休めさせてあげることが出来るのが、高反発マットレス。

高反発マットレスは適度な寝返るを可能にしてくれるマットレス。睡眠時の寝返りは日中のストレス改善や骨や体の歪みを自然に直す働きがあり、これらはとても大事なこと。 また、寝ている間、同じ姿勢を続けることは、ひとつの場所に負荷を与えてしまうことで血液の流れを悪くし、肩こりのおきな原因となってしまうこともあります。

ですが、高反発マットレスなら、力を加えた時の反発力が強く適度な硬さがあるという点から、最低限の力だけで簡単に寝返りをうつことが出来、不眠や肩こりといった症状の緩和を期待することができるのです。


また、肩こりは骨格の歪みにもよって症状が現れやすいとされており、そんな歪みを、適度な寝返りを起こさせることで、こりの症状を軽くしてくれるだけでなく、人によっては改善・完治させることも出来ることから、首や肩のこり=肩こりには高反発マットレスがオススメ。


最近、朝起きても疲れが寄れないなぁ。肩がハッて痛みを伴う。といった方は、一度マットレスを見直してみませんか? とてもよい快眠が取れるようになるかもしれませんよ。